ニコレットとリボフラビンと部屋について

普段からタバコを吸う習慣がある人は、タバコを吸わない人よりも、体内においてのビタミンの消費が激しくなります。タバコを部屋で吸うと部屋には煙がこもりますし、部屋の壁紙まで黄色くなります。そんな状態は、体内でも起きてしまいます。体内では色がつくレベルではなく、確実に健康も壊していきます。人間の体は本能的に、悪いものが入ってきたら守ろうとします。タバコの煙の有害物質にも、体内では戦っています。

ヘビースモーカーのレベルになってくると、もはやビタミンは完全に不足をします。百害あって一利なしとはよく言ったもので、ヘビースモーカーになって良いことはひとつもありません。日や民消費は加速して健康は完全に失いますし、タバコは年々値上がりをしますので、お金がどんどんなくなります。今の時代はタバコを吸う人を消化しませんので、自己管理ができないとビジネスでも評価が下がります。それに、周りの人間にまで迷惑をかけますので、嫌がられます。

ヘビースモーカーは時に、リボフラビンを意識して摂取することです。リボフラビンはビタミンB2であり、ビタミンCとともに、普通の人よりも多く摂取しないといけません。タバコを吸わない人間よりも、毎日1箱のタバコを吸う人は、体内の大事なビタミンを40倍も使うからです。ビタミンが不足すると健康被害もありますが、精神状態も乱れてきます。異常に怒りっぽくなったり、気持ちが沈むなど、もはや自分でメンタルコントロールができなくなります。

最もよいのはビタミンを十分に摂取して、タバコをやめることです。ニコレットガムなどを使って、禁煙に取り組む姿勢をとることは前向きな方法です。タバコを吸い続けることに、明るい未来はありません。

ページの先頭へ戻る