禁煙セラピーとニコレット、財務省の天下りについて

日本の煙草を取り扱う会社と言うのは財務省の役人の天下りが多いと言われています。
因みに、財務省では税金が高くなる事で煙草の値段を1本1円と言った具合に少しずつ値上げを行っている所でもあり、いきなり値段を上げてしまうと喫煙者の数が激減してしまい、天下り先の会社の存続も危ぶまれるなどのデメリットが生じるケースも出て来ます。

しかし、煙草の値段は従来100円だったものが、120円となり、150円、180円と少しずつ値上げが行われ、180円の次は250円、300円となり、現在では460円などの金額まで値上げが行われています。

当初100円で購入出来た煙草も、現在ではその5倍近い金額に上がっているわけですし、収入はと言うと上がっている人もいますが、それでも5倍の収入になると言う事は無く、煙草の値上げのような収入アップにはなっていません。

経済的な理由も含めて、そろそろ煙草を止めようと考え始める人も多くなっているのですが、煙草を止める時の方法の一つに禁煙セラピーが在ります。

セラピーと言うのは心理療法や物理療法などであり、薬や手術などに頼らず、セラピーで禁煙治療を行うと言うのが禁煙セラピーの特徴で、読むだけで煙草を止める事が出来ると言う禁煙セラピー本なども登場しています。

尚、禁煙セラピーで禁煙が出来る人も居れば、禁煙補助剤を頼らないと難しい人もいます。
これはニコチン依存症の症状が高くなる事でニコチンに対する欲求を高めてしまうからで、ニコレットはニコチンが含まれた禁煙補助剤であり、身体に貼り付けて禁煙治療を行う禁煙パッチや、煙草が吸いたいと強く感じた時に口に含んで噛む事でニコチンが体内に取り込まれ、禁煙の欲求を下げながらニコチン依存を下げると言う禁煙治療法も在ります。

ページの先頭へ戻る